2017年4月24日月曜日

RedPitaya とSCPIで話す

50MHzぐらいのAD/DAを持っているZyncマシンReadPitayaはSCPIサーバーになれる。要は、RedPitayaのADC、DAC、I2C、GPIOをASCIIコードでアクセスできる。


 node-REDのfaunctionの記述 LED5を点灯;

msg.payload = ("DIG:PIN LED5,1\r\n");
return msg;

 デリミタが\r\n。

http://redpitaya.readthedocs.io/en/latest/doc/appsFeatures/remoteControl/remoteControl.html#quick-start

2017年4月21日金曜日

次世代を担うMakersご用達 測定器。大げさ

機種名 Analog Discovery2 OpenScope ADALM2000
メーカ、入手先 Digilent,秋月電子通商 Digilent アナログデバイセズ、digi-Key、Mouser
価格 36,800円 99ドル? 99ドル、12000円前後
オシロスコープ 2チャネル、14ビット、30MHz 2チャネル、12ビットADC、バンド幅2MHz、6.25MSPS 2チャネル差動、12ビットADC、100MSPS、バンド幅20MHz?30MHz?
発振器 2チャネル、14ビット、12MHz バンド幅1MHz、10MS/sec 20MHz
電圧源 ±5V、50mA(more) ±4V、50mA ±5V、50mA
スペクトラム・アナライザ あり 開発中 20MHz
ネットワーク・アナライザ 0?Hz ~10MHz 追加予定 1Hz ~10MHz
ロジック・アナライザ 16チャネル あり? 100MHz、プロトコル・アナライザ
電圧計 AC,DC、±25V、1チャネル ない? AC,DC、±20V、1チャネル
ソフトウェア Waveform2015 WaveForms Live Scopy、現在未公開、出荷時にはオープンソース
プラットホーム Windows、macOS、Linux、ラズパイ??? Webベース Windows、macOS、Linux
SDKを使ったアプリ Windows用FRAplus - -
PCとの接続 USB2.0 Wi-Fi、モジュールの型番から技適ありのようだ USB2.0
出荷時期;Analog Discovery2 入手可能、OpenScope 2017年夏、ADALM2000 2017年6月
 ADALM2000はオリジナルAnalog Discoveryと同じに見えるが。。。Analog Discoveryは、アナデバの協力のもとに製作しDigilentが販売していたモデル。アメリカの学生には99ドルだった。性能を上げたAnalog Discovery2は高価になったので、マイクロチップの協力の下、低価格版を企画したように見える。Analog Discoveryのアプリはdigilentの所有なので、アナデバは、相当品Scopyを別途開発した模様。Analog DiscoveryのアプリWaveform2015は、アップデート途中から、NIに買収されたので、画面周りがNIカラーになった。それを避けたいのだろうか。いずれも推測。

2017年4月7日金曜日

GUIで記述できるデータフロー言語?Pothos

ZyncなどのFPGAボードをプログラミングするのは、大変だ。無理。

でも、SF物にあるけど、オペレータがちょこちょこっと画面をいじると、オリジナルのプログラムが動くっていう、あれ。
あるんだ。名前はポトス。うちにもいっぱい繁殖している。

ハードに何をサポートしているのかがわからない。
見つかったのは、

  • Red Pitaya
  • LimeSDR


 これから、勉強してみる。RFが自分で何とかなるかも。


https://www.youtube.com/watch?v=R-We_U2f6bE

https://www.youtube.com/watch?v=u2KK49sJ3L0

2017年4月1日土曜日

LDO LT3042の出力インピーダンスは低い

LDOの性能はよくないといわれますが、LT3042はそれまでの悪評をくつがえす製品です。
出力インピーダンスを測りました。
100mΩを切っています。



LDO LT3042の出力インピーダンスを測る


2017年3月7日火曜日

エレキット 真空管アンプ キット TU-8150

TU-8150は6AQ5=6V6シングルの真空管アンプです。出力トランスは小さいですが、バランスよく再生できます。


 真空管アンプでは高圧を扱いますが、間違って高圧に触るようなことはありません。キットってそういうところがよく考えられていますね。

 特性は、高域のこぶを除けば、いい感じですね。小信号時にの特性なので、15インチのスピーカを駆動するときは、ここまで低域は出ないでしょう。





2017年2月24日金曜日

ラズベリーパイ ゼロが国内販売開始

Raspberry Pi ZEROは2015年暮れに5ドルで発売され、その後Ver1.3に上がりましたが、日本国内では正規な流通には乗りませんでした。
 2017年2月24日18:00に国内販売が始まります。KSYでは702円+送料、スイッチサイエンスは648円+送料です。どちらも即日発送ではありません。
 最低限、ピンヘッダがないと、積読になりそうです。

現行のラズパイ3(Raspberry Pi 3 model B)に比べて、

  • CPUがシングル・コア(3は4コア)
  • クロックが1GHz(3は1.2GHz)
  • メモリが512Mバイト(3は1Gバイト)

と機能が低いですが、学習を初めるには十分な機能と速度があります。

 2017年1月11日のラズパイOSが最新です。


5ドル!ラズパイ・ゼロ(Raspberry pi Zero)でIoT (1) ラズパイとは

DC電源の出力インピーダンスを測りたい これは正しいのだろうか

順次加筆中。訂正中。

手軽なツールで測れないものか

 DC電源の出力の電圧をV1、抵抗をつないで電流を1A流したときに測った電圧をV2とすると、
 電源の内部抵抗 R = (V1 - V2) /1A = V1 - V2

 直流時の出力インピーダンスが求まる。
 オーディオ・アンプをつないだ時、20kHzまでの入力周波数の強弱に応じて、電源に電流が流れ、その結果、電源電圧が変化する。
 アンプのPSRRはOPアンプ・タイプだと高い。でもシングル・アンプは、電源の変動の影響を受けるはず。D級アンプは、出力は電源電圧に比例するので、電源電圧の変動は、音量の変化に直結している。
 交流でのDC電源の出力インピーダンスが測れれば、望むべく電源を製作できるはずだ。


原理
 直流でのインピーダンスは、
  R = E /I
 交流でのインピーダンスは、
  Z = E /I
でいいのだろうか。おんなじね。

 負荷RlはDUTの出力インピーダンスと並列合成インピーダンスを測定していることになるが、通常電源であるDUTの出力インピーダンスの方が負荷インピーダンスより十分小さく支配 的となるので、影響を無視するという前提。
 RsはDUTへ数mA流せばよいので、5Vぐらいまでの低圧電源の場合は1kぐらいのほうがよいかも。24Vぐらいだと5.6kぐらいが妥当かも。入っていないと、当然過剰な電流が流れ、保護回路が動作してしまう。
 直流を遮断するためにブロッキンング・キャパシタ1mF = 1000uFを入れればよいらしい。
 http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/5989-8036JAJP.pdf



安全に測定するためにトランスを使う
 10Hzから10MHzの帯域が扱えるトランスは存在しない。
 トランス自体があまり市販されていない。
 測ってみる。入出力の抵抗負荷の値で帯域は異なるけど、300kHzまでは使えそう。

LL7401 耐圧2kV
飽和する電圧は十分高いように思える。





交流の電圧と電流って何
電圧にはピークツーピークVp-p、Vrms=実効値の2通りの表現がある。直流は同じ数値になるが、交流は異なる値になる。
電流はどうなのだろうか。あまり見たことがない。

PicoScopeで電流プローブをつけてみた。測ってみた。

実効値で計算するのだ正しいみたい。





●参考資料

http://www.nfcorp.co.jp/techinfo/keisoku/impedance/swps.html


http://www.eevblog.com/forum/projects/impedance-analyzer-build-and-experiments/225/

http://park8.wakwak.com/~hilo/audio/inst/index.html

2017年1月22日日曜日

おんどとりから温度データを取得する

活魚などの運搬に使われるトラックで温度管理をするなど、産業界でよく使われているのが「おんどとり」です。
 専用のアプリケーションがあり、データはクラウドに保存できるなど、至れり尽くせりのサポートが行われています。

 オリジナルのソフトを書きたいとき、通信手順はメーカに問い合わせると仕様書を出してもらえます。

(1) TCP/IPで接続
(2) Pythonで温度を取得
(3) node-REDで温度を取得
(4) node-REDのメッセージ
(5) MQTT